落花生の小さな粒に詰まった栄養パワーと効能と食べ過ぎの影響は?

千葉県の特産である落花生は、一般的に鞘のままの物を落花生や南京豆、殻から取り出して実だけの物をピーナッツと呼ぶことが多いです。秋の味覚と言われる9月~10月頃が落花生の旬になり、千葉半立ち、中手豊、郷の香、おおさまりの4種類の品種が千葉県で作られています。 お酒のおつまみや小腹が空いたときのおやつとして食べられている落花生には凄い機能が!今回は、お酒のおつまみやおやつとして食べている落花生についてご紹介します。

フレンチでお馴染みのハーブ「セルフィーユ」の6つの効能と注意点

フランス料理に欠かせない存在であるセルフィーユ。日本では、あまりなじみがありませんが、和名ではウイキョウセリと呼ばれ、パセリによく似た風味のハーブです。他にも、チャービルやフレンチパセリという名称でも呼ばれていますので、名前くらいは聞いたことがあるかもしれませんね。 セルフィーユは、主に料理の添え物として使われていますが、実はそれだけではもったいないほど、栄養価の高いハーブでもあります。 そこで今回は、セルフィーユの持つ効能と注意点を6つご紹介します。

子供も大喜び!野菜をたくさん使ったパスタレシピ6選

パスタは、ファミリーレストランでも専門店でも、とても多くのメニューがあります。もちろんお店で食べるパスタはおいしいですが、自分で作れば具もソースも組み合わせは自由です。 しかし、組み合わせ次第では野菜嫌いな子供でもパスタと組み合わせることで食べられるようになる可能性があります。 今回は大人も子供大好きなパスタで、野菜もたっぷり食べられるレシピをご紹介します。

タジン鍋で季節の野菜をおいしく食べれるオススメレシピ

独特な形をした浅い土鍋のようなタジン鍋を知っていますか?少ない水分で野菜や肉などを蒸し煮出来る調理器具です。食材の持つ栄養素の無駄に失うこと最小限に抑え、効率よく摂取することができます。 浅めの土鍋のようなタジン鍋は蓋をとってそのまま食卓へ並べても見栄えもよく、卓上コンロなどで温めながら食べることもできますよ。 今回はそんなタジン鍋を活用して季節の野菜をおいしく健康的に摂取できるおすすめレシピを紹介します。

果物の女王と呼ばれるマンゴスチンの食べ方と栄養効果

ライチに良く似たマンゴスチンは、マレー半島などで栽培されている南国のフルーツで国内では栽培されていないため、名前を聞いたことがあったり写真で見たことがあっても、店頭で見たことないですよね。 果物の女王と呼ばれるマンゴスチンには、美容や健康に良い栄養と効能が含まれている果物です。今回はマンゴスチンの旬や食べ方、栄養効果などの魅力について紹介します。

ゴボウの皮の効果が凄い!捨てないで食べてほしい5つの理由と調理法

ゴボウといえば、きんぴらや煮物など和食食材の定番です。食物繊維が豊富で健康効果の高いイメージはありますが、ゴボウ特有の香りやアクで敬遠する方も多い野菜です。 土付きで売られていることも多いせいか、「ゴボウの皮は剥く」のが当たり前になっていませんか?ゴボウの皮には健康効果の高い栄養が含まれているため、ゴボウの皮は剥いてはもったいないのです。 ゴボウの中心部よりも、皮の近くに多くのポリフェノール類が含まれています。通常ゴボウは水にさらしてアク抜きをしますが、このアクがポリフェノールです。長時間水にさらしておくことは栄養を逃がしていることになるのです。