旬のアスパラガスを美味しく簡単に料理できる6つのレシピ

アスパラガスといえば5〜6月が旬の野菜で、甘くて独特の苦みが美味しく人気の野菜です。 健康に良い野菜というイメージもあると思いますが、それはアスパラガスに含まれるアスパラギン酸というアミノ酸が新陳代謝とタンパク質の合成を促進する働きがあるので疲労回復や、美肌効果もあるとされています。 アスパラガスの穂先の方にはルチンというフラボノイド色素の一種である成分が含まれていて、血管を丈夫にし高血圧や動脈硬化の予防に役立ちます。 今回は健康にもよいアスパラガスを美味しく食べられるレシピを6つ紹介します。

「すんき漬け」に含まれる乳酸菌の5つの効果と作り方

「すんき漬け」とは、長野県木曽地方の伝統的な発酵食品です。かぶの葉と茎を無塩乳酸発酵で漬けるのが特徴で、塩分が少なく乳酸菌が豊富です。最近ではメディアでも取り上げられている話題の食品です。 すんき漬けの乳酸菌は植物性乳酸菌なので、ヨーグルトのような動物性乳酸菌よりも脂質と糖質が少ないという特徴があります。 今回は、すんき漬けに含まれている植物性乳酸菌が、身体にどのような効果をもたらすのかについて紹介します。

蜜柑の仲間デコポンの意外と知られていない6つの栄養効果

蜜柑の仲間デコポンをご存じですか。ヘタのところがぽっこりと出っ張っていてみかんより大きめの柑橘類で、甘いものが多いです。 実はデコポンは商標登録の名称で、元々「不知火(しらぬい)」という種類の柑橘類です。その中で糖度13度以上、クエン酸1.0%以下など柑橘類のなかで唯一全国統一された基準「全国統一糖酸品質基準」を満たしたものだけが「デコポン」となります。 甘味と酸味の基準がしっかりしているので、安心して手に取れますし、皮もむきやすいので食べやすいです。そしてデコポンには、心身ともに健康になれる成分がたくさん詰まっています。 今回はデコポンの栄養効果を6つご紹介します。

覚えておきたい!野菜の煮物の定番レシピ5選

古くからの日本の食事はご飯に汁物、主菜1品、副菜2品の「一汁三菜」が基本です。これは私たちの体に必要な栄養素をバランス良く摂ることができる理想的な献立スタイルですが、忙しい現代では一度に何品も作るのは負担が大きいと感じるのではないでしょうか。 そんな時に便利なのが、時間に余裕があるときに作ってストックしておける野菜の煮物です。今日は副菜にぴったりな覚えておきたい!野菜の煮物の定番5つのレシピをご紹介します。

白い桑の実「ホワイトマルベリー」の知られざる5つの栄養効果

「ホワイトマルベリー」をご存知でしょうか?ホワイトマルベリーは白い桑の実のことです。 桑といえば蚕の餌として、日本でも古くから大切にされていた植物のひとつです。ホワイトマルベリーはその美味しさと、豊富な栄養、高い抗酸化作用で健康効果が期待されている、今注目のス-パーフードです。 今回はスーパーフードホワイトマルベリーについて紹介します。

栄養効果倍増!アボカドを使ったより健康的になれる6つのレシピ

アボカドは森のバターともいわれ、リノール酸、オレイン酸、ビタミンE、食物繊維、葉酸など栄養が多く含まれています。血液サラサラ効果やガン予防、整腸作用、美肌やダイエットにも効果が期待できる果物です。 せっかく食べるならアボカドの栄養を余すことなく摂取したいですし、ほかの食材との組み合わせで栄養の吸収を促進できたらもっといいですね。 今回は健康に役立つアボカドレシピをご紹介します。