TAG

コレステロール

美味しく食べよう!パセリをまるごと使った栄養満点レシピ5選

レストランなどに行ってもステーキの横に添えられている、スーパーのお刺身に添えられている。そんなイメージのパセリ。なんとなく色合わせに、飾り付けにパセリは添えているだけといった気がしますが、それはすごく損していることなのです。 パセリや野菜の中でも栄養素の含有量はトップクラス!カリウム、カルシウム、ビタミンCなどなど、身体の健康や美容のためにうれしい栄養素がたくさん含まれているのです。 今回はパセリを使ったレシピを5つ紹介します。パセリの栄養をしっかり吸収するためにもおいしくいただいてみませんか?

飲んで摂取できるテアフラビンがすごい?!知って得する5つの健康効果

テアフラビンという言葉を聞いたことがあるでしょうか?テアフラビンとはポリフェノールの一つであり、カテキンを発酵させることでできる赤色の色素のことを言います。紅茶やウーロン茶などの飲み物に多く含まれているので普段から摂取している方も多いかもしれません。 テアフラビンもポリフェノールなので、抗酸化力が強く、健康効果が高い成分なのです。普段飲んでいる飲み物に含まれているとは言え、実際にはどんな健康効果が隠されているのかは知らない方も多いのではないでしょうか? 今回はテアフラビンの健康効果について5つ紹介していきます。普段何気なく飲んでいる紅茶やウーロン茶ですが健康を意識して飲んでみましょう。

伝統的な京漬物すぐき漬けから得られる5つの栄養効果

京都の伝統的な野菜の一つすぐき菜は、かぶらの一種で、京都上賀茂地区で桃山時代から社家の手によって栽培されたのが起源とされ、今でも上賀茂地区の限られた土地でしか栽培されていない野菜なのです。 8月末から種まきがはじまり、11月から12月にかけて収穫されるすぐき菜は、通常漬物にしかつかわれていません。そのすぐき漬けは、「千枚漬け」「柴漬け」と並ぶ京都3代漬物と言われているほど有名な漬物で、すぐき漬けとは、各農家の室で加熱乳酸発酵させて作られ、味は名前の通り、酸っぱさが特徴的な漬物です。 しかし、このすぐき漬けには、天然の乳酸菌が豊富なことから、とても健康的な栄養効果があると注目されています。今回はそんなすぐき漬けについて詳しく詳細します。

ブロッコリーはレンジ加熱がお得!その理由と3つのレシピ!

ブロッコリーはお好きですか。特に女性は、ブロッコリーに限らず、健康や美容のために、意識して野菜を摂取している方が多いと思います。 では、どのような方法でブロッコリーを茹でていますか。お湯で茹でる、または、レンジで加熱する方法がありますね。 今回お勧めしたい茹で方は、ブロッコリーをレンジで加熱する方法です。お湯で茹でると、なんとなく栄養が、お湯に溶け出るような気がしますよね。 今回は、ブロッコリーをレンジで加熱するメリットと方法をご紹介します。 後半で、簡単なブロッコリーメインのサラダレシピを3つ掲載しています。 定番サラダが、材料や調味料を少し工夫するだけで、カフェやデパ地下メニューに生まれ変わりますよ!最後までお読みくださいね。

緑黄色野菜の王様!ケールを食べて健康になれる6つの効果

葉もの野菜と言えば、代表的なのがキャベツやレタス、ほうれん草などがあげられますが、実はケールはキャベツの原種と言われている野菜なのです! しかもケールは栄養価が高く一年中栽培することができる優れものなのです。 テレビショッピングなどでも青汁の宣伝をよく見かけるかと思いますが、その原料として 使われているのがケールです。 テレビでやっているくらいだから健康にいいことは分かるけど、実際にどんなに優れているかまではよく分からなかったりしませんか? 今回は緑黄色野菜の王様と呼ばれるほど最高の野菜、ケールについて紹介します。これを読んだらケールのすごさが分かります!!ぜひ食生活に取り入れてみてください!

ダイエット効果も期待できる?!リンゴ酢をおいしくいただくレシピ

リンゴ酢ダイエットということでも有名な、リンゴ酢ですが、ただ、リンゴにお酢を混ぜたという物ではありません! リンゴの果汁と酵母でアルコール発酵をさせて作られたのがリンゴ酢です。 リンゴ酢は整腸作用や、むくみの解消効果、美容効果など、様々な健康効果に期待されている一つです! 今回はそんなリンゴ酢を使ったおいしいレシピを5つ紹介します。ただリンゴ酢を飲むだけではなくいろんなアレンジを試してみませんか?