TAG

ゴボウ

ゴボウの皮の効果が凄い!捨てないで食べてほしい5つの理由と調理法

ゴボウといえば、きんぴらや煮物など和食食材の定番です。食物繊維が豊富で健康効果の高いイメージはありますが、ゴボウ特有の香りやアクで敬遠する方も多い野菜です。 土付きで売られていることも多いせいか、「ゴボウの皮は剥く」のが当たり前になっていませんか?ゴボウの皮には健康効果の高い栄養が含まれているため、ゴボウの皮は剥いてはもったいないのです。 ゴボウの中心部よりも、皮の近くに多くのポリフェノール類が含まれています。通常ゴボウは水にさらしてアク抜きをしますが、このアクがポリフェノールです。長時間水にさらしておくことは栄養を逃がしていることになるのです。

綺麗になりたい女性必見!!ごぼう茶飲むだけで期待できる6つの効能

ごぼうは根菜で野菜だから何となく健康に良さそうというイメージを持たれていると思いますが、詳しい栄養素や分かりやすい効果についてまでは知らない事が多いのではないでしょうか。食物繊維が多いことで知られていますが、水溶性と不溶性の両方の食物繊維を持っていて、それぞれ美容効果を促してくれるのです。 便秘やむくみ、冷えはダイエットの大敵です。ごぼう茶はそんな悩みを解消してくれ、健康と美容のために無理なく飲めるお茶なのです。そんなごぼう茶の効果と自宅でも簡単に作れるレシピを紹介します。美容のために高価なサプリメントを買うのも一つの方法ですが、ごぼうがあれば簡単に作れてしまうお茶を試してみてはいかがでしょうか。

食物繊維がたっぷり!ゴボウの家庭で育てるのに必要なことは?

食物繊維がたっぷりのゴボウ。あなたはどのようにして食べていますか?サラダや肉巻き、煮物など、アレンジは様々ですが、何より食物繊維がたっぷり入っているのでゴボウ料理を食べるだけでも整腸作用にも効果が期待できます。 日本ではおなじみのゴボウですが、実は食用として食べているのは日本や韓国などの一部の地域のみで、中国などでは漢方薬としておなじみのようです。 そんなゴボウですが、おそらくスーパーなどで購入して料理に使うことが多いと思います。しかしゴボウはプランターなどの狭い場所でも栽培することが出来ることをご存知でしょうか?自分で育てることが出来れば、好きなときに食物繊維が摂れちゃうんです。 今回はゴボウの家庭での育て方について5つに分けて紹介します。是非チャレンジしてみてください。

体の中からスッキリきれいに!ゴボウに隠された7つの栄養効果?!

茶色く細長い、日本でも親しまれているゴボウ。きんぴらや、揚げ物にしても美味しく頂くことが出来る野菜のひとつです。 その歴史はとても古く、縄文時代には中国から伝わったとされており、長い間日本で愛されてきたのです。最近では京都の伝統野菜として堀川ゴボウや、千葉県などでは大浦ゴボウなど、いろんな種類のゴボウが栽培されています。 そんなゴボウですが、ご存知の通り食物繊維が豊富なことでも有名です。それだけでも身体に良さそうな野菜ですが、他にもゴボウにはいろんな成分が含まれており、健康効果がとっても高いんです。 今回はゴボウに隠された効能について7つ紹介します。体の中をきれいにしてくれる効能がたっぷりなのでぜひ、ゴボウを食べてみてください。

実は凄い!干し野菜に隠された知って得する美味しい7つの秘密

最近注目を浴びてきている干し野菜。野菜を干すことで旨味成分が増し、生野菜よりもおいしくなると言われています。 一般的に干し野菜というとスーパーで売っている干ししいたけや切り干し大根がありますね。水煮戻してから煮付け料理に活躍する干ししいたけは出汁もよく染み出てとても風味がいいですね。切り干し大根も生の大根よりはるかに食感もよく様々な料理に使えて便利です。 この2つ以外にも、手軽にいろんな種類の野菜を家庭で干し野菜にすることができるのです。今回はそんな干し野菜に隠された実は凄いところを探っていきましょう!